グッズにまつわる予備知識などをゆるくご紹介

弥生絵画

ー弥生ぽすとかーど、コースター、マグカップよりー


弥生グッズの多くに取り入れた線画は「弥生絵画」と呼ばれるものです。

弥生時代に生きた人びとは、当時目にしたもの、あるいは伝え聞いたものも含まれるかも知れませんが、そういったものを土器や青銅器などに描きました。

不思議なことに、地域が異なってもみな同じような線画で描かれています。

 

弥生グッズに描かれた絵画を一部紹介したいと思います。皆さんは何に見えますか?

 

岡山県・賀茂遺跡

大阪府・東奈良遺跡

奈良県・坪井遺跡


大阪府・池上遺跡

福岡県・吉武高木遺跡

奈良県・鍵・唐古遺跡


弥生土器

ー弥生時代の土器キーホルダーよりー


愛知県亀塚遺跡

愛知県安城市にある弥生時代終末期を中心とする遺跡。土器キーホルダーのモデルとしたのはここから出土した「人面文壺形土器」で胴部に入れ墨をした人面が刻まれています。よく見ると耳にピアスのようなものも見ることができます。

大阪府船橋遺跡

大阪府柏原市と藤井寺市にまたがる遺跡。大和川の底に広がる遺跡で、18世紀に流路改修工事が行われた際に露呈しました。現在は川に沈んでいます。ここから出土した弥生土器は近畿地方の基準資料となっています。

岡山県南方遺跡

岡山県岡山市にある遺跡。この遺跡から出土した弥生時代中期の「瀬戸内第Ⅲ様式」として分類されている土器をキーホルダーのモデルにしています。胴部には黒く焦げた痕跡があり、キーホルダーにもその部分を黒く塗って表現しています。

福岡県藤崎遺跡

福岡県福岡市にある遺跡。土砂採取中に石棺が発見され本格的に発掘されました。弥生時代の農耕のイメージとは裏腹に、ここは農耕に向いておらず、漁村のようなところだったと推測されています。モデルにしたのは昭和5年に発掘された壺形土器です。