グッズにまつわる予備知識などをゆるくご紹介

家紋

家紋コースターよりー

家紋とは

家紋をあしらったコースターをつくりました。

開発に当たって、家紋を調べれば調べるほど、その種類の多さにびっくりします。一説では5万種以上あるのだとか。

 

家紋とは家や一族たちが共有するロゴマークみたいなものですが、ヨーロッパで王侯貴族にみる紋章とちがって、庶民も持つことが許された日本では先祖代々家紋を受け継ぐ文化が発展したそうです。文字が読めなくても違いを表すことができたため、表札や調度品に家紋が使われていました。平安時代にルーツをたどることができるようです。

 

*家紋のルーツや武将の伝承には諸説あります

*家紋には本来、丸い縁があるもの、ないものそれぞれに意味がありますが、意匠をはっきりさせるために、すべてに丸い縁をつけました。

徳川家康「三つ葵」

京都・賀茂神社の紋章「二葉葵」をアレンジしてつくったと考えられています。権威の象徴として、徳川・松平以外での使用を禁じました。松平氏は三河国の豪族で、京都・賀茂神社の「禰宜(ねぎ)・賀茂氏の子孫「賀茂朝臣」を称しており、ここから賀茂神社を意識していたことが分かります。

 


織田信長「木瓜」

織田家は越前国(福井県)織田荘が発祥。その後、斯波家の家臣となって尾張(愛知県)
の守護代となりました。その織田家代々の家紋は「木瓜(もっこう)」で、斯波家から拝領したもの。鳥の巣を図案化したものとされ、子孫繁栄を祈ったとされています。

 


真田幸村「六連銭」

真田家は信濃国(長野県)を本拠地とした武将。知略に富んだ父・昌幸だけでなく、人質時代には直江兼続、豊臣秀吉から多くを学び、敵の徳川家からも「日本一の兵」と称賛されました。
その真田家の家紋は「六連銭」。三途の川の渡し賃として知られ、命を惜しまず戦うという意味が込められていると言われています。